現状の問題点解決

私たちが解決できる御社の問題点とその解決法の一部をご紹介します。

機関車型経営から新幹線型経営へ転換

  • 社員が経営者の立場で経営分析・財務分析ができるようにする。

社長1 人が会社をけん引する機関車型経営から、全社員が経営者の目で見て走る新幹線型経営に転換する。全員参加型経営。

  • 今の経営方針・戦略を、社員が、経営者の立場に立って現場にて検証しトップにフィードバックするため、方針・戦略を素早く現場に合うよう修正でき、目標を最短で達成することができる。

ライバルに勝つ集団。

機関車型経営から新幹線型経営へ転換

  • 全社の問題と自分の課題が全く一緒であることが理解できる。
  • 自分の課題を解決するには、同時に全社の問題を解決せねばならないし、同時に、他部門への働きかけも必要となる

全員経営者となる。

  • 教育と同時に、実践での成果も求める。
  • 社内風土の改革。風通しがよくなる。
  • 全社にとってよいことは、自分にとってもよいことであると分かる。

自己目標の達成は全社目標の達成と一致する。

  • 簡単な財務分析の勉強。
  • 同業他社との比較決算分析による自社の強み・弱み、ライバルの強み・弱みの把握→課題の抽出→戦略・戦術の策定、実行、検証。
  • 同じやり方で自分の課題の分析、戦略・戦術の策定、実行、検証。
  • 市場分析の勉強。
     自社のマーケットの数字的把握・客観的把握。
     自社とライバル・顧客の立ち位置の客観的把握。
     →戦略・仮説の策定・実行・検証。
  • 利益の出し方。
     社員の立場で分かりやすく「利益の出し方」を勉強する。
     顧客の単価・顧客獲得コスト・顧客数の関係を理解することで、自分はどうしたら効率的に利益を出せるのかを実践勉強する。
  • 「5S」と生産性の向上について勉強する。
     自分の仕事の無駄・会社全体の無駄を、5Sと生産効率・整流化という切り口で明確化→仕事のやり方・組織のあり方を変える→競争力の根源を強化し、同条件でもライバルに確実に勝てる体質づくりをする。
     つまり、同条件でもライバルよりも多くの利益を出せる体質づくりをする。

後継者教育・育成

  • 経験的に中小企業は、70〜80%が後継者へのバトンタッチが上手く行っていない。世代交代が行われると大半が、業績低下あるいは縮小、廃業、倒産となる。成功し、成長し続けるのは、20〜30%と極めて低い。
  • 企業30年説は、世代交代失敗の要因も大きい。
  • 優れた経営者の後継者(大半は息子か親族)は、育ちにくい。
  • 生まれた時から醸成された親子関係が強く、相互に、客観的に見ることができず、本当の後継者教育ができにくい状況が続き、後継のタイムリミットが到来する。心配でなかなか息子に経営を任せられなく、時期を逸する場合が多い。
  • 後継者教育・育成のコンサルティングは少なく、経営者が手探りでやっているのが大半。結果として失敗が多い。

第3者が、親子関係を客観的に把握し、経営者・後継者相互に適切な指導・アドバイス・教育をすることで、上手く継承でき、会社も次の世代(次の60年)に向かうことができる。

上記以外の財務経営に関するご相談も行います。
しかし当社がまず行うのは当社を根本から立て直し、安定して成長する企業に変
化させるサービスです。
無料相談にも随時応じておりますので、まずはお気軽にお問い合わせください。
TEL 047-324-7387
無料相談・お問い合わせ

▲ページのトップに戻る